お遍路2日目①「20km超え^^」 4番大日寺~8番熊谷寺

【2016.5.11水の道程】
旅人の宿道しるべ start~
4番大日寺へ 5.0km
5番地蔵寺へ 2.0km
6番安楽寺へ 5.3km
7番十楽寺へ 1.2km
8番熊谷寺へ 4.2km
ホテルアクセス阿波へ 2.5km
計20.2km(総計25.3km)

———-

前回は、宿に着いたとこで終わりましたね。

その後、少々やらかしまして。

風呂上がりに、着替えを忘れてたことに気づき。

着てた服は、脱衣所にある洗濯機で洗濯中。

・・・・・・、

wwwwwwwww

超絶ダッシュで、部屋へ戻りました。

┗(^o^ )┓三

もちろんFull-Teenであります。

 

・・・話題を変えましょうか。

その後部屋へ戻り。はくパンツが無いことに気づきましてね。

持ってきた2枚は、いずれも洗濯機の中。

・・・・・・( ´ ▽ ` )

ノーパンでジャージズボンはきました、はい。

それで夕食を頂いたわけですよ。

ご主人「ご飯はこちらでよそってください」

おら「わかりましたぁ~(ノーパンで)」

ご主人「食後、こちらでコーヒーも飲めますので」

おら「わ~、ありがとうございま~す~(ノーパンで)」

話題変えましょか。

 

けさ、朝食の時にご主人と話してまして。

ご主人「今日はどちらまで行かれるんですか?」

おら「八番です」

ご主人「それは・・・十番まで行かないとねぇ・・。そうすれば一泊減らせるから(以下詳しいレクチャーを頂く)」

これ、ご主人の方が正しいっちゃ正しいんですね。

ぼくのプランは、一泊多くてゆったりしている。

ありがたいアドバイスなんだけど、やんわりスル~しました(^^)

ご主人のプランは正しいけれども、無理が生じる可能性が低くはない。

そういうプランって、会社にいた時の考え方と変わんないよな~って思って。

お遍路ってストイックな旅だけど、会社的ながんばり方とは違うのかなって(^^)

当面は自宅警備員のつもりだし、べつに急ぐ旅じゃないし。

2週間前にギックリ腰やってるし 笑、3月4月と送別会を30回超こなしてきて、体調はベストではない 笑。

 

てな感じで、ぶらっと7時半に宿を出ました。

ちなみに洗濯物の写真はこちら。なにしろ地道な旅です 笑。

 

歩き出すと・・車がね、グイッ!と大きくよけてくれる。

こういう、歩道がないようなスリリングな道で。ありがたや。


阿波人参。

この箱に、どうやってお金を入れるのか気になりましてね。


荒々しい処理w なるほどw


徳水運輸。このメッセージ、ステキです。社員を大切にしてるっぽい。


田んぼの水入れ。いよいよ初夏( ^ω^)

都心で働いてたら、これは想像しづらい。


そんで登り坂です。

はやる気持ちを抑えて、ゆっくり足を動かします(急ぎ足だと故障しやすい)。


続いて下り。

こちらも、意識的にゆっくり足を動・・

・・ん?

「どっちも同じペースで行きなさい」ってことか❗

人生を坂に例える話が、あるけれど。

うまくいってる時も、そうじゃない時も、心がけることは同じなのか・・


そうこうしているうちに、まもなく大日寺。

いっそ、八十八の寺が一カ所にまとまりゃいいのに←


「レンコン」が「パソコン」に見えたぼくは、まだまだリ~マン感覚が抜けておりません(^^)


大日寺の納経所の脇に、こんなクーラー・ボックスが。

けれど、中身はからっぽでしたw

またしてもお大師様の洗礼ですかね(^^)


六番安楽寺へ向かう途中で、セブン・イレブンが見えてきた。

Google Mapには出てこなかったんで、これはツイてます(^^)

ちょうどくたびれてきたところ。


昼飯にはまだまだの時間だけど、思わずw

その後、お店の裏手で入念にストレッチして、再び歩き出すと・・


こちら、バス停じゃございません。

お遍路小屋といって、地元の方々がこさえてくだすった休憩所です。

で、歩きながら気になったのが般若心経。

お寺へ着いたら唱えるんだけど、昨日はダルくて割愛してしまいました←


元文はコレですからね。

ところが、現代語訳がすごかった。

次号へ( ´ ▽ ` )