お遍路20日目「もう梅雨でしょこれ」

【16.5.29日の道程】
民宿まさご start~
33番雪蹊寺へ 3.6km
34番種間寺へ 6.3km
35番清瀧寺へ 9.6km
ビジネスイン土佐へ 3.2km
計22.7km(総計386.3km)

—–

仕留めましたよ。

虫文を。明け方に。

寝ぼけながら、シュサッ!っと片手で。

おかげで二度寝できまちた。(-_-)zzz

こっちではね、早くもきゃつらが絶好調なんす。

—–


6:30朝食。


トイレん中。座った目の前がコレです。


部屋の窓から、きのう渡ってきた浦戸大橋が見える。朝はくもり予報だったのに、またも雨 笑。


7時すぎ出発。桂浜キタワァ~。


右方向。


正面。


左方向。

意外とこぢんまりしてました。


穏やかな景色の裏にはこんな話も。宿のテーブルにも同様の紙が置いてあったので、かなりのもんなのでしょう。


そして龍馬像^q^台座高ぇぇーーw


このカメラの向きが桂浜の方向。つまり、そっちを向いてなかったwwwww


歩き出します。

のらいぬ発見。東京じゃとっくのとうに見ないなあ。


ごもっとも。


古巣のみなさま。夢の印刷所を見つけましたよ^^ ・・いや、印刻所だったw


そんなこんなで雪蹊寺着。東京のお寺みたいな門構え。


日曜の朝早くから、着物の女性たちがたくさん。聞いたらお茶会とのこと。粋ですなー。


出店もあって、親しみやすい雰囲気。


お次は種間寺。標識に書いてあると分かりやすい^^


そーすかww


ウエストバッグに入れたスマホが歩いてる途中にポロリと落ち、足で蹴飛ばしてしもうた、、、

きのうからそんなんばっかし。

けど、「雨続きで調子狂ってんのかな^^」って思ったら、気持ちが落ち着き。

 


小山その1。


その2。


一輪だけぽっと咲いてんの、好きです。


距離の違い。遍路道にはよくあります。


ゆるぐ。


種間寺着。


おとりこみ中でした。正座とはすごい。


次へ向け、雨合羽投入。

片付け&手入れがメンドイからあんまし使いたくないけど、午後から雨足が強まるらしいんで、しゃーない。


無人販売所のこれ、じゃがいもなんですってよ奥さん。びっくらこいた。


その先には、これが歩道の真ん中に落ちていて。ここに至るまでのストーリーを妄想。


徳島からずっと思うこと。四国は新車率がめちゃめちゃ高いですわ。外車もハイブリッド車もかなり目にする。お金持ちなのかな 笑。


仁淀川大橋ってのを渡り、土佐市イン。


こーゆー砂利の河川敷って好き(^^)


四万十の文字が登場^^


昼飯は光速でここに決定。この先また最果てへ向かうし、チャンスを逃したくない 笑。


テルホにザックを置いて、清瀧寺へ向かいます。ザックもなじんだから重く感じないけど、ないとやっぱり身軽w


本格的に降り始めた雨で、山のもやが絶好調。

PCの方は、こちらを拡大しておたのしみください(^^)

 

唇に垂れてきた雨をなめる。甘い。


ふもとにこの石柱があり、


しかしそれは挨拶代わりで、お約束のプチ登山 笑。


これミカンかな。ちっちゃー。登山のユーウツがまぎれた 笑。


なんと山道に水路のクランク。


四国は水が豊富ですわー。


到着☆


おまけの階段。そうくると思った(^^)


雨雨雨でこの表情w


日曜だからか、ここも人がたくさん。


雨だしさっさと宿へ向かおう。サイナラーッ 笑。


プランターねこ。


途中の直売所でひと息。これんまかった。みかん味に微炭酸がすごく合ってて。


宿ついたー。コントのセットみたいな部屋 笑。


洗濯機の取り合いを制するため、すかさずマッパに☆


浴衣だけひっかけて、前がはだけないよう注意しながら←、洗濯機フロアへ突進。


フロントでいただいた洗剤。銀行の袋に入ってるw


ボタンを押し終え、つかの間のコーヒータイム。


またもや大乾燥大会。

good☆night(^^)