お遍路21日目「ピンチ」

【16.5.30月の道程】
ビジネスイン土佐 start~
36番青龍寺へ 10.0km
一福旅館へ23.0km
計33.0km(総計419.3km)

—–

や~。

まいりました今日は。

スタート直後から靴に異変が 笑。

突如足に合わなくなって、左足のつま先がキツキツになり。

かなり痛い。

雨続きによる洗いすぎで、アッパーのとこが縮んだと思われ。

つま先をかばいながら歩くと、右足へ負担がかかる負のスパイラルへ突入 笑。

ひさびさの30km超えともあいまって、なかなかの1日でした。

—–


ピカーと晴れて7時すぎ出発。

今日は嫁さんの誕生日。メールをやりとりしながら歩きます。

快く送り出してくれてありがたいなーて気持ちがリフレイン。


用水路もキラキラ☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆


金剛杖の持ち手んとこから少々異臭が。きのうの大乾かし大会でドライヤーあてるの忘れてました←

今日の道端の花。


快調に10km進み、宇佐町の海辺へ出る。


この橋を渡ったもう少し先に寺が。左にぐいーんと曲がると、


この景色。さらに直進すると、


この景色(^^)波の音がかすかにするだけの、静か~~な所です。

 


朝青龍は、ここから四股名をつけたんですってね(このすぐ近くの明徳義塾高校出身)。


到着。プチ登山かと思いきや、階段だけで許してくれました。


納経所の貼り紙。お互い人間ですものね。


次へ向かおうかという辺りで、どうにもつま先が痛くなり。

靴ひもを緩めてみたが、焼け石に水。

残り23km。どーするか。。。


軽く動揺してたら泥だまりで足を滑らせ、ご覧の通り。


アイスを食べ海を眺めながら切り替えます。


しゃんめえ。どうにかだましだまし行ってみよう。


次の寺まではこの距離。

ゴールの寺までの距離。しかし今はそれどころじゃない 笑。


こういった入り江が、今日はひたすら続きます。

アップダウンはほぼなく平坦。足の状態的にほんとラッキー。


あんぱんと缶コーヒーで立ったまま昼飯。

座ればいいのだが、どうにも浮足立っている。

足、行けるかなーどーかなー・・って顔。


歩道がほぼないこーゆートンネルは、やっぱ大変。


このたすきを必死に振り回してアピール。したら、ちゃんとよけてくれました。


入り江入り江アン入り江。足痛い足痛い。

左足をかばううちに、右足が重たくなってきて。

そこで金剛杖が役立ちましたわ。

雨降りん時はぶっちゃけジャマなんだけど、まったく浅はかな考えだったなとwww

そんで心に浮かんだ言葉は・・「ゆっくり急ごう」。

遍路も人生も、そういう矛盾の中に答えがひそんでるような気がして。

なんつうか、昨日あたりから

「そういやおれは、何のためにお遍路に来たんだっけ」

てことを考えたわけです 笑。

ネタ集めも楽しいけど、そもそもは

【自分を整える】

って主旨だったよなと。

起業って、まずはそこが大事だよなと。

一喜一憂しない、右往左往・行ったり来たりモードからオサラバする。

 

・・てなことで言うと、

今日のこのアクシデントってのは、

お大師さまからの「出題」なのかなって思ったわけです(^^)

 


てなわけで、

途中足を休めたりしながら、

どうにか&こうにか23km歩き通し、

宿のある須崎の町へたどり着きました。


いちおう靴を購入。もっと最果ての場所だったらそんなこともできないので、それもラッキー。


まーどーにかなるべとつぶやきながら、

めでたく宿着。


自分をねぎらいながらビールをグイグイ。

自分に優しくなれると、もっと人に優しくなれるのでは。

そういう意味でも、今日のアクシデントは良かったような気が。


新旧の靴が揃い踏み。明日あれこれためしてみるとしよう。

今日は内省的な内容でしたね 笑。

お遍路は徳島→高知→愛媛→香川で起承転結になってるから、そういう転調の時なのやもしれませんね。

んではー☆