お遍路22日目「ピンチの翌日」

【16.5.31火の道程】
一福旅館 start~
美馬旅館へ 33.0km
計33.0km(総計452.3km)

—–

連日の33km。

きのうのピンチは脱しまちた。

その立役者はこちら☆

きのうの夕方、足を引きずりながらたどり着いた須崎の町で、かろうじて見つけたシューズショップ。そこで見つけた、3,218円(税込)のスニーカーす。

置いてある中でいちばん機能がよさげなやつをチョイスしたら、このお値段 笑。こちらが本日、とってもがむばってくれました。

やー・・両足均等に体重かけて歩けるって、ありがたいすなぁ(切実)。

——

本日は5時半起床。

きのうのアクシデントは置いといて、いっちょやったるかと。

ピンチの後にチャンスあり。

冒険心持って歩きたいなあって気持ちが湧いてきて。


こだわりのお米の朝食を頂きました。


膝に穴 笑。きのうこけた跡ですな。

朝の儀式、今日もよろしくね~っと足をさすりながら、7時半出発です。


これがよくわからない。四万十市と四万十町。

46km離れてるって、うち(東京都大田区)と平塚(神奈川県)くらいやんけw


道の駅のベンチで眠る、野宿お遍路さん。お互いがんばりましょうね。

っと、靴の問題をなんとかせねばと。

明日の宿を押さえる電話をしたのち、嫁さんへ電話。

スタンバっといてもらった靴をその宿へ発送してもらいました。

マジ感謝☆☆☆


ついに松山の文字が。このペースなら8日で行けるようで(^^)


今日の先発靴は、今までのやつ。ちょっと細工を入れてみたけど、焼け石に水のようでダメっぽいムード。

そんなこんなに気を取られてたら、いつの間にか高~いところへ 笑。

ちな、本日はずーーーっと国道56号を歩いてゆきます。


ドライブインってまだあるんすな。子供の頃のドライブはこれだった。1980年頃にすかいらーくができて、図式がガラリと変わりましたね。


そんで今日の激アツが、こちらのトンネルですわ。


名前もそんな感じだし。


段差なし柵なしの歩道なのに、


この全長。


反射タスキ持ってるけど、もう1本借りた 笑。


どうにか抜け出し、中土佐町イン。


こーゆーちっこい踏切ほんとすこ。


土讃線。


Nゲージのジオラマみたい。


エイドステーションで爽リフレッシュし、


3,218円(愛称)にスイッチ。


新しい靴の具合に気を取られてるうちに、道はさらにグングン高いところへ。


峠・・・登坂車線・・・足に若干不安のある身には、きな臭いムード 笑。


4、3、2、1、・・・はいっ!

 


この景色。フタケタ国道でこんな高いとこ通るのかよwwwおかしいだろwww


待ちに待った休憩所w


汗ダクダクのザックにネッコがすりすり。悪いこと言わんからやめときwww


この軽トラのおじさん(中尾彬似)が、缶コーヒーをおごってくれました。ありがとうございま~す☆


峠から先は、今夜泊まる窪川の町。残り13km。


今日の道端の花。


またもや、ぶらり見物してみよ~って気持ちに 笑。


大量でサーセンw


今日の宿は、この寺のすぐ近く。

このくらいの残り距離がいちばんキツイ 笑。


ブラシをガジガジかじってる犬を見てほっこりするも、


疲れの現実へ引き戻される 笑。

何度もGoogle Mapsで残り距離を確認してしまう 笑。


腹が減ってるのが原因とみて、ほうじ茶&ドーナツ。明日はもっと補給食を持っとくことにしよう。


キャッチャー座りすると、凝ったふくらはぎがギュゥーーーンッ!となる状態。伝わるかな 笑。


道の駅。こーゆーお遍路さんもいます。


ついに足摺の文字が。室戸と並んで四国のエクストリ~ム東西横綱。

気持ちのギアが一段上がります。


西日に負けず前進。


窪川の町の靴屋をウォッチ。なんとなれば、どうにかそれっぽいものは買えそうですね。


子供たちが川を凝視。


おほーなるほど。「銀!銀がいるよ!」って言ってた。名前つけてんだ(^^)


ガラス店? 笑


やっっっとこさ、到着。今日もがんばった☆


部屋の仕切りが障子wwベッドwwおもすろい。


ガチガチんなった足をほぐします。


箸袋がステキ(^^)今日もおビールがうまいのなんの。


明日はくもり。ええでええで。

てわけで、おやすみなさいませ。(-_-)zzz