お遍路23日目「ばあちゃん」 37番岩本寺~ホテル海坊主

【2016.6.1水の道程】
美馬旅館 start~
37番岩本寺へ 0.3km
ホテル海坊主へ 31.0km
計31.3km(総計483.6km)

—–

45にもなって、歩きながら泣く奴wwww

その伏線は、朝起きた時に張られてました。

—–


6:30起床。

窓の鍵がね、これだったんです。

熱海のばあちゃんちとおんなじw なついw って思って。


7:45出発。300m先の岩本寺到着~


納札入がこんなパンパンなの見たことない。


お次は足摺岬の突端、


この距離でございます( ´ ▽ ` )


古巣の皆様。

赤坂のクラブへ行きにくくなったら、こちらがございます。


腐れ縁になりつつある国道56号へ。


生え際山、と命名してみました。


逆打ちキャリーカーお遍路さん。登り坂がんばってー。

*逆打ち=88番→1番と、逆周りすること。


歩きながら、2日後の足摺岬の予習を。

じつは、出発前の予習は室戸までしかやってなかった。

以降はその場しのぎでした←


西尾自動車さんの敷地を通過、

こんな看板が。心づかいがうれしい(^^)


今日の道端の花。

これを見て、BLANKEY JET CITYの「青い花」をPLAY。単純w


こんなところにATMがあるなんて。


くもり。歩き遍路的には最高。


熱き叫び。最果て感がぐっと高まります。


ゆうべの宿の、すぐ近くにあった店。

今日どんだけ歩いてきたか分かりやすくていい(^^)


ここらで昼飯( ^ω^)


トップ3。


第2位をチョイス☆


続いて黒糖ソフトを賞味。


歩き再開。歩いてる真横に駅が。


いいタイミングで、土讃線がやってきました。

辺境で本数が少ないから、つい撮っちゃうw


現在地。

この先の足摺岬が、遍路全体の折り返し点とのこと。

ちなみに、「足摺岬」の名は・・

お遍路さんが足を引きずりながら、やっとの思いでたどり着くから

って由来だそうでw

それって、

おとといのおれじゃん( ゚∀゚)アハ八八


ヨコハマ・・郷愁ですだ(横浜市にある大学に通ってた)。


トンネル抜けるといきなり海。びっくらこいた。

すごい名前。

敷地の中に、テントらしきものが。


野宿お遍路さんかしら。


そんで、この景色が目に飛び込んできましてね。

 

「熱海のばあちゃんちの辺りの景色に似てるなあ^^」って思って。

朝からの意識とつながったわけです。


この岩場なんか、熱海の隣の真鶴っぽい。

 

真鶴、親父に連れてってもらって泳いだなあ・・・

・・・・・・・・。

 

 


2年前、

ばあちゃんが亡くなった時のFacebook投稿。

これがよみがえってきて。

 

熱海のばあちゃんは父方。

母方のばあちゃんよりは、会う機会は少なかった。

 

けれども、この

「卓也、あんたにしかできないことで一番になりなさい」

って言葉は強烈に残っていて。

だからこそおれは、

デンツーでコピーライターになるって夢を叶えることができた。

 

 

・・・・・。

生きてたら、今のおれに何と言うだろーか。

「なんだい卓也、会社辞めてお遍路なんかしてるのかい」

・・・。

 

 

「あんたも気が弱いとこあるからねえ… 大丈夫かい。しっかりやるんだよ」

 

 

したらもうダメっすわ、

コレっすわwwwwww

あかん、書いててまたぶり返してきたwww

お遍路、あなどれねーす。不意打ちでしたね。

 

でも、これがお遍路なんだなって。

自分が整うためのひとつって思ったら、なんだかスッキリしましたよ。

「かんべんしてくれよ、ばあちゃん。まあ見ててくれよ^^」

 


っとほざきながら、涙が幾度もぶり返しながら 笑、宿とーちゃく。


嫁さんに送ってもらった靴が届いてました。

ホントありがとう。いろんな人に助けられてます。


夕食のカツオが、ぷりっぷりのトロットロ。またもやビールをグイグイ。


部屋はオ~シャンビュ~。

こっちは、19時でもこんなに明るいんです。


横んなりながら記事書いてたら、いったん寝落ち 笑。

そしで今、明け方。

それにしても、ばあちゃんが出てくるとはなあ・・やーまいった(^^)