お遍路25日目「四国半周しますた^q^」

【16.6.3金の道程】
民宿久百々 start~
38番金剛福寺へ 22.0km
民宿足摺はっとへ 0.8km
計22.8km(総計539.4km)

—–

どうも、坊主頭です。

遍路総距離の約半分である足摺岬へ到達した記念に、刈っちゃいました 笑。

スタート当初はスキンヘッドでしたけどね。伸びるの早いんです。

—–

4時起床。

二階の部屋から一階の広間へ移動し、

ブログを執筆 笑。

二階だと電波もWi-Fiも繋がらないそうで。

おかみさん曰く、

「昔は宿の前の道路(国道321号)もなかった」

「激しい台風で、石ころが飛んできたことも」

どんだけww


書き終えたら、朝日がピカーっと。こりゃすてき(^^)


朝食前に体のメンテ。

三代目アンメルシンも空になりました。ペース早すぎ 笑。


7時朝食。納豆ひさしぶり^q^


おかみさんが弁当持たせてくれました。やさしーなー。


7:35出発。

久百々いい宿でしたよ。

桃井かおり似のおかみさんが、なにしろステキ。

電話で予約した時も

「空き空き(すきすき)ですから、存分にお泊まり頂けますよ^^」

なんつってシャレが効いてて。遍路では有名な宿なのに。

おれが古巣で働いてた時、

「今おれヒマヒマですから^^」

なんて言えなかったもの。

手放してる人って、やっぱり魅力的だなァ~って(^^)

 


歩き始めてすぐさま、よさげな浜が登場。


おおきのはま。

出発前に読んでた遍路ブログで、

「この浜を歩いたら傾斜で股関節がおかしくなり、3日静養。以降も完治せず」

ってのを読んでたけれど、好奇心が圧勝し突進 笑。


砂がサラッサラッ。のっけからホァ~ってなって。


犬も楽しそう U^ν^U


海もさることながら、つい空を見上げちゃう不思議。

なんつうか、海と空がセットんなって「超巨大・青空プラネタリウム」になってるみたいな。

も~アホ面でホァァァ~っと見入ってました。

 

四方の写真を載せときますね( ^ω^)

 

たっぷり堪能して先へ行こうとしたら、出口とおぼしき方向に小川が横切っている。橋はなし 笑。

右往左往して消耗するのはよろしくないなと思い、

靴脱いでサクッと渡りましたw


こんな分譲地がありました。みなさまいかがでしょう^^

ここで、おかみさん弁当を食べます。

おにぎり2ヶ(おしんこ&味付け海苔付)と、


バナナ。ナイスチョイス。


そしてスタミン。それからお菓子の詰め合わせ。ありがたやありがたや。


さあ足摺岬までラスト・スパート。


涼。


構図でちょいと遊んでみたり。


小さな港を通ったり。


ついに道がこんなに狭くなったり。


たしかに大漁でつね^q^


そしてついに、


ついにっ、


きつぁぁあぁぁぁあぁ。四国最南端。


ジョン万次郎の銅像もおらを祝福(^^)


すかさず展望台へ。

なんと270°が海でした。


続いて三十八番札所へ。


石屋さんみたいな境内 笑。



高知の寺は次で終わり。いよいよ愛媛へ^^


本日は距離が短かったんで時間ができ。ふらりとこちらへ入ってしまいました 笑。


床屋は中学生以来だなー。てかここ20年はセルフカットなんで、こーゆーとこ自体こそばゆい 笑。


後半戦へ向けてリフレッシュ。

おやっさんは、大阪での修行時代の話やバリカンのあて方についてやカミソリのうんちくなど、いろいろ話してくれました。

腕もトークも、とにかく柔らかかった。一本気じゃなくてふわっとしている。技を超えた人柄ですかね。

今のおれがそういうものを求めているので、そのヒントをくれる人に出会うんだなって。


思わぬ出会いにホクホクしながら宿着。


名物清水サバほか、新鮮魚介のたらい盛り^q^


同席の3名で光速完食いたしました(^^)


半周できた安堵感からか、19時過ぎにフトンへ入るww

では~(^^)