お遍路27日目「大野さんと歩く」

【16.6.5日の道程】
民宿久百々 start~
鶴の家旅館へ 30.0km
計30.0km(総計593.4km)

—–

旅は道連れ世は情け。

そんなことを思った、今日の大野さんとの同行でした( ^ω^)


*故事ことわざ辞典より引用

大野さんとは、3日前の久百々の夕飯で一緒になり。

一杯目から会話がはずみ(^^)

登山とハイキングとお酒がお好きな、名古屋在住の66歳。

「やっぱり楽しくないとネ」ってひとことにぐっときて。

したら、次の足摺の宿も同じだと 笑。

そして足摺でも一緒に飲んで。

なんだか縁ぽいな~と思って、元々考えてたルートを変更w(*足摺から次の寺へ向かうルートは複数ある)

大野さんと同じルートにして、久百々へ戻ってまた飲んで 笑。

「あした一緒に歩きますか☆」ってことになった次第(^^)

—–


7:30出発。真ん中はおかみさん。とってもお世話になりました。


久百々名物、おやつ付きお弁当^q^


夜から明け方まで嵐みたいな天気だったけど、風はおさまり小雨に。ツイてます。


ちょい荒ぶってる海を右手に見ながら、歩き出します。


3日前に歩いたルートをさかのぼります。加江川沿いに四万十市の手前まで。


ここで左折し、三原・宿毛方面へ。「ようきたねぇ」のメッセージがうれしい。


山あいの道へ入って行きます。


ここで、登山がお好きな大野さんと先頭を交替。

ほとんどクルマが来ないから、だいたい横並びで雑談しながら歩くんだけど 笑。


木々に囲まれたこのような道を、ひたすら進みます。


四万十らへんの川は、独特のグリーンの色合い。


タニミズ山。


県道をカニが散歩中。


今日の道端の花。雨が美しさを引き立てている^^


三原村きたぁ。あさっての方を向く標識。


久百々のおかみさんから教えてもらった遍路小屋。


宿から3時間半歩き続け、到着。

このすぐ奥の民家の方が自費で提供してくだすっている小屋です。

カップ麺、サイダー、缶コーヒーを頂きました。汁物が食べられるのはありがたいこと。


小一時間休んで、歩き再開。小川が川へ合流するところが見られました^^


小雨はしぶとくやみません。


こういうものをキャッチできるのは、歩きならでは。現地の雰囲気を肌で感じます。

大野さんは最近増えている廃屋が気になるようで、歩きながら「ここ、そうでしょ」と。この先の道のり、おれも気にしながら歩いてみようかと。


こんなネタもキャッチ(=^..^=)


道を間違えそうになったけど、このトンネルに救われ、正規ルートへ復帰 笑。


20年前。おれは入社2年目。

大野さんは、転職をされて数年経った頃。

身に付けたスキルが時代の変化で需要が減り、転職を余儀なくされ、全く畑違いの仕事へ移られたと。

奥さんは、そんな大野さんを笑顔で支えてくれたと。

それに対しおれも、シゴトに行き詰まった話なんかを交えつつ。

そんな身の上話もしながら、歩きます。


アイス休憩。大野さんはガリガリ君でした(^^)


高知ラストの宿毛市イン。愛媛へ入ってく気分が高まります。


ふたりでしばしダムに見入り。


「あそこ、道切れてるね」と言われ、


目をやるとたしかに。


ふたたび鉄道が。最果てを抜けた感あり(^^)

宿着。歩くペースもウマがあった感じで、8時間ちょいの道中でした(^^)


宿の犬をゴシゴシなでる大野さん U^ν^U


一緒に湯船につかったのち、夕食を待たずに乾杯ww


地図を見ながら情報交換。

大野さんは区切り打ち(一部分だけ回ること)なので、明日宿毛駅でお別れ。

しかし、おれが帰京する前に名古屋で飲むことになりました☆


今度はジョッキでかんぱーい。

大野さん、あと半日よろしくお願いします(^^)

—–

ところで、今回の記事はフロク付き。

歩いてる途中で大野さんが見つけたヘビの写真を載っけときますんで、大丈夫な方はどうぞ( ^ω^)

【閲覧やや注意】