お遍路28日目「佐賀から高知まで応援に来る奴www」

【16.6.6月の道程】
鶴の家旅館 start~
39番延光寺へ 2.4km
秋沢ホテルへ 7.6km
計10.0km(総計603.4km)

—–

おらは幸せモン。

佐賀県は鳥栖から、友達がはるばる応援に駆けつけてくれました。

彼の名はりゅー

なんつうか、楽しいことに対する嗅覚と行動力が天才的な人ですね。

出会いは半年ちょい前。

おれが当時ベンキョーしてた心理学のセミナーで出会い、その日に意気投合。

その2か月後には、おれが彼の住む佐賀まで押しかけ 笑、さらに結託する流れに 笑。

まあ、お互いバカなんですね。楽しいことが好き。

そこんとこで気が合う。

今回、おらがお遍路してるバカっぷりにスイッチが入ったようで、思い立ったが吉日!とばかりに駆けつけてくれました 笑。

これを日帰りの弾丸往復ですよ。本人に言いましたよ。

「気持ちいいぐらいのバカだね☆」って(^^)

—–


7時半朝食。昼に宿毛駅から名古屋へ帰られる大野さんと、最後の食事です。


8時出発。天気はぼちぼち。寺は宿のすぐ近く。


昨日は、雨だからとザックにしまってた愛機を嬉しそうに取り出す大野さん。


今日植えるんですかね(^^)


到着っ。


高知ステージクリアしますた^q^


宿毛の町へ向かって歩きます。


道沿いに、心うるおうスポットが(^^)


宿毛駅近くのホテル。今夜はここに泊まります。


区切り打ちの大野さんとはここでお別れ。名古屋で飲みましょう!(^∀^)ノ☆


ロビーであくせくブログを書き 笑、補充品などの買い物へ。今日みたいに町へ入った時がチャンスです。

この軟膏は、大野さんに教わったやつ。これでマメをこじらせても安心(^^)


14時、りゅーと合流。

久しぶりにクルマに乗ったんで、光速感にファーーーーwwwwwっとなり。

歩くのが当たり前んなって、感覚が江戸時代の人になっている 笑。


「まずは寺でお遍路体験したい^^」とのことで、さっき打った延光寺を再訪。


一通りのお作法をレクチャ~。


納経所もご案内。


チョコモナカをかじりながら、お次は四万十川へ!


四国特有の沈下橋。川が増水しても流されないように、めっさシンプルな造りになってます。


ヒヤッとするけど、つい近寄っちゃう 笑。


対岸にはこれが。いろいろあるんでしょうねぇ。


上流の方へクルマを走らせ、沈下橋をハシゴ。ここでは漁をしてました。


「車で渡ってみよう!」と叫ぶやいなや、嬉々としてアクセルを踏み込むりゅー 笑。


りゅー「これだけ広くて流れもあるのに、音がしないよね」

なるほどたしかに不思議な感じ。

流れはまあまあ速いのに、しーんとしてる。まろやか。


さらに上流へ。


ここでは、対向車をやり過ごす体験をしますた( ^ω^)


さらに上流へ。すれ違えないレヴェルにまで道幅が狭まって。


道の駅をパトロ~ル。

「お店の中に軽トラの演出、いいね!」「このたいまつ買っちゃった^^」

感性が鋭くて独特な男ですホント。


最後に寄った橋。


カーブがいい感じ。


「サングラスかけて写真撮ろう!」・・ひらめきがいちいち天才的 笑。


お遍路での気づき、りゅーの近況など、まじめな話もしながら帰路。宿毛方面へ。


りゅーと別れ、テルホにチェックイン。


りゅーからの陣中見舞い。ホンットにありがとう(^^)

大野さん&りゅーとの感慨にひたりながらも、あまりくつろぐ間もなく。

先々の予習やら洗濯やら明日の準備やら 笑。

次回は愛媛入り。後半戦もがむぼりもっす(●^o^●)