お遍路29日目「愛媛ステージ奥深しwww」

【16.6.7火の道程】
秋沢ホテル start~
第40番札所 観自在寺へ 21.8km
民宿??へ 8.7km
計30.5km(総計633.9km)

—–

やあどうも、

最遅更新記録を塗り替えた者れす( ^ω^)←

まあ、ヘンにがんばっちゃわないクセが身に付いてきているのかなと存じます。

大野さん&りゅーと、人とのご縁が続いた後、

今回はまた同行気分を味わって頂ける感じの記事になってます。

それではどぞー。

—–


起きて外見ると小雨。しかし太陽は見えている。

梅雨入りしたし、これから判断がむつかしくなる局面が増えるなーっと。


出発。今日は峠越えするし、雨合羽着ちゃいました。


外へ出たら、なんと雨が止んでいるww

光速で回れ右し、ロビーで雨合羽をしまいます。暑いし、後の手入れが面倒なので。


テルホ出てすぐのこちらで朝飯。

レジのお兄さん(ドランクドラゴン塚地似)の名札の

「やました」を

「やせました」と

寝ぼけ空目 笑。ホント朝弱いんす。


歩き出します。峠を越える道ってのは、この十字で言うと左上の方向。

56号でもいいんだけど、わりと距離が増える格好。


松尾清憲ってミュージシャンを思い出します。


のっけから、パンチの効いた登りw


雨が降り出してきましてね。なおかつ、夜中の雨で路面はウェッティー&スリッピー。

「お天道様?おふざけになるのは御勘弁頂けませんか」

という意味のことを、もう少し荒い言い方でつぶやきます←


挨拶励行。


おお舗装がしてある☆ いいぞもっとやれ。


この道しるべを、歩きスマホにより見落として直進してしまう。

したら、この家にお住まいの方が呼び止めてくれ。

致命傷にならずにすみました。アツァーーッス!


そのお宅の裏手。たまねぎ。


【問1】道はどこでしょう。


【問2】道はどこでしょう。

般若心経「世の中どれだけいい加減か分かったか?^^」

おれ「押忍」


電波よさげなとこへ出たので、すかさず今夜の宿取りTEL(天候判断がむずかしく先送りにしてた)。

一軒目はNG。

まずいwww

調べた限りでは、候補はあとひとつしかない。

したら、めでたく二軒目はOK。

ちな「雨の日は国道を通って来た方がいいですよ」とのこと。わっはっは^^


ナイスフォロ~(^^)


こーゆー山里で、


こーゆー看板が。ファーーーーーーーwwww


持ってっちゃう人がいると 笑。


出っ、出ーーー。敗残兵モードーーー。


雨足が強まって来、このような景色に。


賛成!


おおおあと少し。思わず寄りで撮影 笑。

勾配にバリエーションがあって、地味にきついタイプの山なんす。


こんなとこに茶屋ww 納品がマジきつそう。


登頂。お約束の失神芸。愛媛イン!

雨で太股辺りはズブズブ。

しかしそれを体温で乾かすのがお遍路 笑(案の定、数時間後に乾いてました)。


県境を越えると、様相がガラリと変わります。京都かな?って感じのオサレムードに。


地面は歩きやすく整備されてるし、柵までついちゃってる。

国道を行かず獣道を来たのは、じつはこれが見たかったから。ようは、高知と愛媛の経済格差ですな。

おれのお遍路アドバイザ~むかえちゃんのブログを読んで、それをナマで体感したいと思ったわけす。


森もちゃんと手入れしている感あり。


この急な階段も、整備されててとっても降りやすい。

高知なら「崖かよ!」って感じの仕上げにしてる 笑。


めでたく山を脱出。


小川が合流しひとつの流れに(^^)


今日の道端の花。

こーゆーのステキなの見ると、雨降りの日もいいもんだt… ハッ!何を言ってるんだ俺は?!


町へ出ますた。学生さん御用達?


なんつうかこう、高知よりも格段に人の気配を感じるというか、経済活動の匂いがするというか 笑。


56号と合流。ド~ナツと雪印コ~ヒ~で小休止。


歩きます、


歩きます、


歩きます、


右折すれば寺だが、直進(^^)


お昼時。この店がお目当て^q^


・・しゃんめぇ。


ならばと、真向かいの道の駅へ。


勢いがある。


昼ごはん。愛媛なんでポンジュ~スをチョイス 笑。


洋子さんいただきまっす☆


うめえ。トマトも甘かったぁー。


愛媛ステ~ジ1ヶ目テンプル。


お米置き。本堂&大師堂に鐘がない。なんと本堂に納経所。徳島&高知には無いお作法www


納経所のおじさん(佐野史郎似)に「宇和島の闘牛場が気になります^^」つったら、「ここに聞くといいよー」っとメモを頂いちゃいました。


宿へ向かいます。国道沿いにバンバンお店が出現。やっぱり経済格差なのか。

歩道もちゃんと両側にあるし(高知はたいがい片側、無い所も有り)。手入れされた花壇が潤沢な予算を感じさせる 笑。


愛媛と言えばみかん。この乗り物おらのめちゃ憧れなんす。


もう少しで宿。


海を渡るロープウェー?すごくいい!!


宿手前の眺め。今までにない感じで感激しました(^^)

 

そして・・・泊まった民宿なんですがね。

冒頭で名前を伏せたのは、以下の理由によります。

・外観ボロッボロ、築半世紀位
・薄暗くすえた臭いの地下に部屋がある
・部屋へ入ると足の臭いがする
・畳をティッシュで拭いたら茶色い汚れが付着
・トイレは汲み取り式
・風呂のシャワーホースに穴が開いている
・浴槽の底がヌルヌルしている
・夕食中、食べ物にハエがたかる

宿についてネガは書かないスタンスでやってきたんですが、その基準をちょっと超えちゃいましたね 笑。

ここがNGだったら泊まるとこ無かったかもとか、

おかみさん(石井ふく子似)は親切だったとか、

夕食は地の物魚介が豊富だったとか、ポジはあるんですけどね。

これを、般若心経が言うところの

「受けとめ方を変える」

ってトレーニングと解釈するならば・・・

「アレが気に入らない」「こーじゃなきゃイヤ!」

ってな肥大した欲をダイエットするには、好適の宿です 笑。

足摺でお遍路に飽きてやめちゃう人もいるとのこと。

「これからが学びのお楽しみであるぞ^^」

ってな、お大師さまからの先制パンチかもしれませんwww