お遍路8日目「また山登りきちいwww」

【16.5.17火の道程】
鮒の里 start~
20番鶴林寺へ 15.0km
21番太龍寺へ 6.7km
計21.7km(総計137.7km)
*ロープウェーでふもとへ降り、道の宿そわか泊。翌朝はまた寺へ戻って再開。

—–

あ~どうも。ついに足に肉刺(マメ)ができちゃった者れす。

お遍路といえばマメ、ってくらいのお約束な話で。

けれど、あわてず&さわがず(^ν^)✨

3日目の宿で、パイセンお遍ラ~から教わった秘術にて処置しますた。

患部の写真はヤメときますね。

1. 糸を通した針をマメに刺し、針を貫通させる。
2. 針で開けたふたつの穴から、糸が垂れているようにする。
3. マメの中の水が糸を伝って中が乾き、キレイに治る。

以上、みなさまには特に必要ない情報でした( ^ω^)

—–


今朝はとうとう5時朝食wwwまだ暗いうちから身支度します。


部屋の窓から。昨日は荒れ狂った川も、今日はおだやか(^^)


6時ジャスト出発。まんずは10km先にある道の駅を目指します。


この空がよかった。


道端にしいたけの落とし物。


これね、冷泉て書いてあんのに寝ぼけてて「冷たくてうまそー!」って思って飲んじったんす。卵の腐った味がしたwwww


金剛杖もだいぶいい感じになってきて(^^)結願する頃には15cmくらい減ってるらしー。

このようなひなびたとこを、歩いとりやす。

 


これね、なんだかとってもぐっときちゃって。東京で乗り回したい。

 


そしてこの、ヒューマン・オブジェ 笑。


独特の画風がじわじわくる。

 


2時間ちょい歩き続け、道の駅とーちゃく。


ここここ、これは☆ 4日目にお接待してもらったお寿司^q^

もちろん買って、光速完食。東京でも流行らないかなー。

 

新しい自分に(^^)


鶴林寺へ向けて登山開始。こっからがね・・まあタイヘンですた 笑。


お大師様? 標識は右へ行けと言ってますが・・左へ行きたいれす(遭難)。


10km歩ってきた足にこたえる、この角度 笑。

 


ふもとが徐々に遠ざかり。

 


これありがたいすわ~。すごく登りやすかった。


お大師様・・・1200mmにしてくださいよ(破門)。


けっこうガチでこんな感じ 笑。ゆうべ飲みすぎたよなぁ←

 


このあと山を降りてあの橋を渡り、あの山を登ります(白目)。


いいことおっしゃる 笑。


どうやらこうやら鶴林寺到着。


カックィーお堂。


心を洗うっていーすなー。

 


全然昼前だったけど、宿で持たせてくれたお弁当を完食です←


六、七米千。ふもとまで下り、さらにもう1ヶ山登り。

誰がこんなんやるって決めたの?

っと、あらためて担当者を問い詰めましたが

「あなたです」

という回答れした。


道に、滝から落ちてきた水が横断してます。きのうの大雨だったらコレ無理なんじゃないのww


こんなとこも通りつつ。


ふもとまで来ますた。これもなんか妙な説得力 笑。


休憩所。椅子のラインナップがじわじわくる。


お次は標高520m・・・ゴクリ

 


さっきの頂上付近から見えた橋がコレ。


この景色には惚れましたねー。こーゆー突然の出会いがおもしろい。

 

そして登山のおかわり。道に沿ってステキな清流があり、気がまぎれましたわ 笑。


もうけっこうヤバい。刀を杖にする「敗残兵モード」連発。捕虜になりたい。


感覚的にもう頂上付近だろうし・・ナニクソ!つってこれを駆け上がったんすわ。

おれもやればできるなって、熱いものがこみ上げ。


そこに、この標識www もうね・・・心が折れかかってグイーーーンとしなりましたよ 笑。


あれは・・・幻かな?・・・

 


お参りそっちのけでこちらに突撃、2本買い。アクエリは一気飲み。

 


ロープウェーの駅。ふもとの宿に泊まります。

こちら、遍路ルートとは逆方向。

ゆうべの宿のご主人からは「あんたは100人にひとりやな(99人は遍路ルートへ進む)」って言われましたw

 


でもね、マジ大正解。今まで乗ったロープウェーでダントツ1位の雄大さ。写真じゃ伝わらなさげなのがクヤシイ 笑。


お大師様の像が山中に。探してみてください。

 

 


宿着。風呂、洗濯、ストレッチ、夕食、9時就寝。

もう山登りたくねえ 笑。平地をスタスタ歩くのが好きっす(^^)