みちのく原チャ旅・8日目「生と死と」

この日(9/18月)は、夜中っからえらいことになりましてね。

Jアラ~トばりにスマホが鳴り響き。

台風18号がト~ホグへやって来たと。

アラ~トまでは予想してなかったなぁ・・と苦笑しつつ、

耳をすまして以下を確認。

・外へ出たら逆に危険ぽい雨風の音
・宿のスタッフさんやお客に動きなし
・外を走るクルマの量に変化なし

いちおう雨がっぱを横に置き、「まいっか」って二度寝しました←

結局、なにごともなく朝を迎え。

9時になると、なんと晴れてきたw

行っくぞぁ~

大槌町~釜石市~大船渡市~陸前高田市~気仙沼市~石巻市~女川町~仙台市、256km。

実際は、なんだかんだで300kmくらい走りました 笑。

のっけから、震災の爪痕が前日よりも濃い。

加えて、台風一過のざわつき感。

かなりの強風、そして濁流。

釜石の町は冠水してて入れませんでした。

陸前高田へ入ると、さらに波乱含みとなり。

町へ入ったとたん、警備員さんが

「国道がまっすぐ通れないから、町の奥まで迂回してください」と。

寸断された箇所はちょっとの距離なのに、すごすぎる。

砂利道・・タイヤの細い原チャはハンドルをとられます。

めまぐるしい事態に、じわじわ動揺。

町中へ戻ると、更地が売り出されていて・・被害の大きさを察し。

そして、またもや国道が寸断。

なんと「隣の町まで迂回してください」って。

行きたかった奇跡の一本松の場所を尋ねたら、

「その一帯は台風の影響で立入りできません」と。

ますます動揺。

で、やっちゃいました。。。

ぬかるみにタイヤがはまり横転。

カゴはぐんにゃり。

ちな、この石は大間崎のもの。

徐行してたんで、ケガも故障もなかったのは幸い。

もろもろの動揺で、しばらく宮城インに気づかず 笑。

未知の地名にわけわかめ。

・・・・・・。

よっしゃ、

切り替えよう( ^ω^)

おいしいものでリフレッシュ。

ピンチのあとにチャンスあり。

お遍路で揉まれた経験が活きた 笑。

お店の前の水道をお借りして、ドロ汚れもきれいさっぱり。

鮨処えんどうさん、ありがとうございました!

その先も、さらに震災の爪痕は深まって。

橋が寸断。

線路が寸断。

山あいに建つ、工事関係の方々の建物。

おつかれさまでございます。

逆に、復興の兆しも感じられ。

お客さんがたくさん来てました。

石巻へ入ると、

ふたたび風が強まり。

この新北上川沿いの道、強風すぎて20キロしか出せず(ふだんは70-80キロ)。

その先の長い橋を渡ると・・

大川小学校跡地・・・

wikiによると・・

「津波が地震発生後およそ50分経った15時36分頃、三陸海岸・追波湾の湾奥にある新北上川(追波川)を遡上してきた」

「この結果、河口から約5kmの距離にある同校を襲い、校庭にいた児童78名中74名と、教職員13名中、校内にいた11名のうち10名が死亡した。スクールバスの運転手も死亡している」

・・・・・・・。

画像中央が大川小学校。この角度と広い川幅では・・・。

手を合わせて・・そっと立ち去りました。

 

その先の山道で・・

目の前をいきなり大きな鹿が横切り、急ブレーキ。この崖ん中へ消えてった。

カオスすぎる1日。

 

そして、

石巻の町を抜けたすこし先が・・

この日、いちばん胸がつまった場所。

写真は撮らなかったけど・・

国道沿いに、おびただしい数のお墓が不規則に並んでたんです。

その先にも、同じ数くらいの墓地がもうひとつあって・・。

明け方から夜まで、生と死について考えさせられた1日。

死に対する心がまえと、いかに充実して生きるか。

答えをさぐりあてて行こうと思います。

19時、仙台市内のゲストハウス着。

ここでいったん、切りましょか。

ラウンジで出会いがあったんだけど、その続きは次回。